前へ
次へ

昔の金印って何のために使うの?

健康保険では、法人の事業所であれば事業の種類を問わず、1人でも従業員を雇用していれば加入が義務付けられます。法人の事務所は公法人・私法人は問われることはなく、従業員が社長1人の場合も加入対象となります。個人の事業所の場合は、法定16業種に該当し、常時5人以上の従業員を雇用していれば、強制適用事業所となります。一方、従業員が5人未満の個人事務所、法人以外の事業所で、農林水産業や法務業などに該当する場合は、任意適用事業所に該当します。任意適用事業所であっても、事業所の従業員の半数以上の同意を得、事業主が申請をし認可を受けると強制適用事業所となります。認可されると、加入を希望しない従業員も健康保険の被保険者として扱われます。

top用置換

top用置換2
Page Top